[会計・経営リポート] 税理士法人 中央総合会計 ~安心が私たちの商品です~

    税理士法人 中央総合会計 ~安心が私たちの商品です~

    最新記事

    商売のヒント「社員が自慢したくなる会社」

    「今までもらったすごいプレゼントは、島、クルーザー、ビル、あとは油田」こんな話をさらっとしても許されるのはハリウッドのセレブくらいです。自慢話をする人は基本的に嫌われます。しかし例外もあります。

    昨年の11月に創立70周年を迎えたその会社は、50人の社員全員にある記念品を渡しました。あなたが社長ならどんな記念品にするでしょうか(ちなみに会社はちょっと儲かっています)。ネットで「創立記念品」を検索すると、会社のロゴや「創立○周年」の文字が入った腕時計や置き時計、万年筆、クリスタルの盾など、どちらかと言えば会社側の満足を形にした品々がずらりとヒットしました。

    さて、問題の会社が記念品に選んだのは、ドンペリ(ドン・ペリニヨン)でした。社員50人に1本ずつ記念品としてドンペリを配り、社長は言ったそうです。
    「これからクリスマスがあります。ちょっとした記念日でもかまいません。大事な人とこのドンペリで乾杯してください」。高級なお酒はいくらでもありますが、あえて通俗的なドンペリという選択に社長の粋を感じます。お酒を飲まない人でもドンペリが高いことは知っているでしょう。お酒好きでもサラリーマンは日常的にドンペリなど飲みません。誰でも知っているけれど自分では買わない高級品。
    しかも飲んだら終わりです。

    記念品を見た社員たちは、「スゲー、あのドンペリだよ」とどよめいたそうです。
    社長は最後に、「これを飲むとき、ちょっとだけわたしのことを思い出してくれると嬉しいです」と、あいさつを締めくくりました。天才的なセンスです。
    その会社の社員が自慢げにこの話をしてくれたそうです。「うちっていい会社だと思わない?」。その場にいた人たちは口々に「俺もそこで働いてみたい!」と心底うらやんだそうです。社長は、ドンペリと一緒に自分の会社を誇りに思う気持ちを贈ったのだと思います。

    ドンペリ50本でいくらだったのかは知りませんが、その金額以上のものを社員は返してくれるでしょう。

    過去の記事