[会計・経営リポート] 税理士法人 中央総合会計 ~安心が私たちの商品です~

    税理士法人 中央総合会計 ~安心が私たちの商品です~

    最新記事

    「胸に秘める強い信念」

    今では当たり前のように使われている「有言実行」という四字熟語。 ご存知のように「言ったことは必ず実行する」という意味で、責任を問う場面などでよく耳にします。 しかし、「有言実行」はもともとの言葉ではなく「不言実行」から派生した造語のようなものだそうです。

    不言実行とは、文句や理屈を言わずに黙って「なすべきことをする」こと。 かつて、奥ゆかしさや慎ましさをよしとした時代には、不言実行が美徳とされました。 「古者の、言をこれ出ださざるは、躬(み)の逮(およ)ばざるを恥づればなり」とは孔子の『論語』の一節で、昔の賢者が軽々しく言葉を口にしなかったのは、自分の言葉に続行が追いつかないのを恥としたためであるといった意味でしょうか。 つまり、自分で言ったことを実行できないのは恥だと考えていた孔子は、言葉には慎重であるようにと説いたのです。

    軽はずみな言動は恥どころか信用を失います。孔子の言うとおり言葉には慎重でありたいものです。

    努力を人に言わず、その姿を見せもせず、人知れず淡々とひたむきに成果を出し、けれど自慢することもなく、それでもなお努力を続けることは、純粋に自分との勝負である分、口に出す以上に強い信念が問われるものです。 気軽に言葉にしないで胸の内に秘めた思いが本物であれば、やがて成熟して実りの時を迎えるでしょう。そのときあなたの言葉にはさらに重みが増し、振り返ればそこには確かな足跡が刻まれていることだと思います。

    過去の記事