[会計・経営リポート] 税理士法人 中央総合会計 ~安心が私たちの商品です~

    税理士法人 中央総合会計 ~安心が私たちの商品です~

    最新記事

    サラリーマンでも確定申告が必要な場合とは?

    サラリーマンは自分自身でやらなくても、毎月の給料から税金が天引きされ、年の暮れには自動的に年末調整が行われます。
    しかし、サラリーマンであっても、確定申告が必要な場合もあります。また、それにより税金が戻ってくることもあるのです。

    例えば、副業があります。昔は認められなかった副業も、長引く不況のため最近は認めている会社も多いようです。会社が終わった後の数時間や土曜日、日曜日だけ働くといった場合、副業先の収入はそれほど多くはないかもしれません。
    しかし、主となる会社と副業先の2ヶ所から給不をもらうことになるため、その2つを合算し確定申告をしなければなりません。

    また、趣味のホームページから広告収入などがある場合、これは雑所得という分類になります。この場合、年間の所得(収入から経費を引いた正味の儲け)が20万円を超えると確定申告が必要となります。
    20万円以下であれば確定申告は不要なのですが、仮に所得税が源泉されるような収入であれば、場合によっては確定申告をすると源泉されていた所得税が戻ってくることもあります。

    ただし、その場合は、確定申告をすることにより住民税は上がります。そのため「戻ってくる所得税分」と「上がる住民税分」を的確に計算しないと、逆に損するおそれもありますので注意が必要となります。

    過去の記事